行政書士とは

行政書士は江戸時代から手紙や契約書、嘆願書等の代筆を行っていましたが、社会機構が複雑になり様々な事象に対応する為、地方自治体に提出する書類なども多種多様になりました。

我々行政書士が作成する書類は、皆様の生活に密接に関係している法律を根拠にした、官公署(各省庁や役所等)に提出する書類、権利義務(各種契約書等)に関する書類、事実証明(図面や議事録等)に関する書類等、何度も関わる書類や生涯一度だけ関わる書類、縁のない書類など、一万種類以上あると言われています。

行政書士は膨大な法律に幅広く向かい合い丹念に深く掘り下げ高い次元で理解し、初めて皆様に良いサービスを提供できるものと思います。

多田代書事務所の主な取扱業務

多田秀行です。

初めまして多田秀行です。

皆様こんにちは、行政書士多田代書事務所のホームページをご閲覧いただき誠に有難うございます。
札幌市白石区で開業しております、行政書士多田代書事務所所長の多田秀行です。
行政書士の仕事は、国や地方公共団体に提出する書類の作成、契約書など権利の発生や消滅の効果を生じさせることを目的とする意思表示を内容とする書類の作成、履歴書や図面などの事実証明に関する書類の作成とこれらに関するご相談に応じています。
街の法律家として皆様がお困りの事や面倒な手続き、多すぎる仕事を手伝ってほしい等、行政書士として皆様の課題を解決し
『多田さんに頼んで良かったよ!』と言っていただけるよう日々精進しております。

いつでもお仕事の依頼をお受けいたしますのでどうぞお気軽に遠慮なくご連絡くださいませ。